スポンサードリンク

最近のコメント

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【三菱 ランサーエボリューションX 解説】異次元の旋回性を生み出すS-AWC | トップページ | マツダ アテンザ 2008年1月29日発表/フルモデルチェンジ »

2008年1月27日 (日)

【東京オートサロン08】レガシィ は上質な時間を提案…スバルブース

M_104469_1 スバル『レガシィ』といえば、この種のボディの「ライトバン」イメージを一新し、ハイパワー4WDステーションワゴンというジャンルを定着させた功労者だ。

レガシィはファンも多く、アフターパーツメーカーには大人気の車種だが、東京オートサロンのスバルブースではステーションワゴンの展示は無く、セダンの『B4』とクロスオーバーSUVの『アウトバック』のみで、レガシィはスポーティな役割を『インプレッサ』に譲り、大人の上質な時間を提案している。

■LEGACY B4 STI S CONCEPT

落ち着いた外観ながら独特の存在感を持つB4。スポーティな表情はボンネットフードのエアインテークに留めているが、実は2.5リットルターボという専用エンジンを与えられたスポーツセダンである。最大出力は205KW(280PS)、最大トルクは34.3Nm(35Kgm)。

車体各部にSTIがチョイスしたパーツが組み込まれ、サスペンションにはビルシュタイン製ショックアブソーバー、ブレーキはブレンボ製を装着。このクルマ1台だけ見ると気付きにくいが、実はタイヤをサイズアップし、それに合わせて幅広のフロントフェンダーを専用設計している。内装の材質も吟味され、フォーマルな場所にも乗り入れられる。いまや希少な“マニュアルトランスミッション搭載のセダン”だ。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

« 【三菱 ランサーエボリューションX 解説】異次元の旋回性を生み出すS-AWC | トップページ | マツダ アテンザ 2008年1月29日発表/フルモデルチェンジ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 【三菱 ランサーエボリューションX 解説】異次元の旋回性を生み出すS-AWC | トップページ | マツダ アテンザ 2008年1月29日発表/フルモデルチェンジ »