スポンサードリンク

最近のコメント

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

【東京オートサロン08】レガシィ は上質な時間を提案…スバルブース

M_104469_1 スバル『レガシィ』といえば、この種のボディの「ライトバン」イメージを一新し、ハイパワー4WDステーションワゴンというジャンルを定着させた功労者だ。

レガシィはファンも多く、アフターパーツメーカーには大人気の車種だが、東京オートサロンのスバルブースではステーションワゴンの展示は無く、セダンの『B4』とクロスオーバーSUVの『アウトバック』のみで、レガシィはスポーティな役割を『インプレッサ』に譲り、大人の上質な時間を提案している。

■LEGACY B4 STI S CONCEPT

落ち着いた外観ながら独特の存在感を持つB4。スポーティな表情はボンネットフードのエアインテークに留めているが、実は2.5リットルターボという専用エンジンを与えられたスポーツセダンである。最大出力は205KW(280PS)、最大トルクは34.3Nm(35Kgm)。

車体各部にSTIがチョイスしたパーツが組み込まれ、サスペンションにはビルシュタイン製ショックアブソーバー、ブレーキはブレンボ製を装着。このクルマ1台だけ見ると気付きにくいが、実はタイヤをサイズアップし、それに合わせて幅広のフロントフェンダーを専用設計している。内装の材質も吟味され、フォーマルな場所にも乗り入れられる。いまや希少な“マニュアルトランスミッション搭載のセダン”だ。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

【三菱 ランサーエボリューションX 解説】異次元の旋回性を生み出すS-AWC

T_104710_2

三菱『ランサーエボリューションX』には、従来のAWCに改良を加えた「S-AWC」という4WDの統合制御が採用されている。これはACD(アクティブ コントロール デファレンシャル)、AYC(アクティブ ヨー コントロール)、ASC(横滑り防止装置)、ABSを統合制御することで、クルマの安定性と運動性能を大幅に引き出してくれるものだ。

このなかでも注目したいのは、AYCにブレーキ制御を追加することで、限界走行領域での車両挙動をアシストし、高い旋回性能と安定性を実現している点だ。

ランサーエボリューションXの開発責任者を務めた商品企画本部 藤井啓史さんは「AYCにブレーキ制御を追加することで、ランサーエボリューションXはコーナリングの進入時にクルマの向きを変える際に、『エボIX』よりもドライバーの意志に忠実に動いてくれるはずです」

「社内の2.4kmのテストコースの実験データでは、S-AWCを採用したほうが1.5秒早く走ることができるという結果も出ています。また、雪道でもS-AWCを装備している方が、圧倒的に高いスタビリティを発揮してくれます」という。

事実、S-AWCを装備したランサーエボリューションXでテストコースを走ってみると、異次元の旋回性能を見せてくれた。ASCのスイッチを短く1回押してASCをオフにすると、AYCのブレーキ制御が介入し、もっとも高い旋回性とスタビリティを発揮してくれる。

コーナリングの進入時に限界に近い速度域でステアリングを切ると、AYCのブレーキ制御が介入して、クルマのノーズをイン側に向けてくれるのだ。通常ならアンダーステアになる場面でも、上手くコーナリングを完了することができてしまう。

さらにヨーレートフィードバックの制御も採用されているので、ステアリングの舵角と車両の挙動を判断して、正確なAYCとACDの制御を行なってくれる。ここまで旋回性能が高く、その後のコントロールが容易なクルマはほかにはないだろう。

インドの超廉価車 ナノ…「価格破壊とはなり得ない」スズキ会長

インドのタタ・モーターズが開発した「28万円」の超廉価車『ナノ』について、スズキの鈴木修会長は24日東京で行った新年会見の席上「(報道を通じて)見た感じは立派な車、さぞかし売れると見ている。」とコメントした。

ただ、クルマの価格破壊になるのかという質問に対しては「そういうことにはならない」と述べた。その理由として「世界的な環境や安全規制、さらには原材料の高騰にどう対処していくかという課題がある」と説明した。

スズキとしては「実車を見たうえでじっくり考えたい。あわてる必要はない」と、当面は静観する構えだ。

一方で「インド市場は一段と競争が激化する」としたうえで、スズキとしては「小さいクルマだけではいけないので、フルラインでやっていく」と述べ、上級車の投入など商品ラインの拡充に取り組む方針を示した。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

【スズキ パレット 発表】ダイハツ タント 対抗の新型ワゴン

M_104714_1

スズキは、広い室内空間を実現すると同時に、乗降性・積載性を向上したワゴンタイプの新型軽乗用車『パレット』を30日から発売すると発表した。

パレットは、ダイハツ工業の『タント』対抗モデルで、ゆとりのある室内空間を実現するパッケージングを採用し、軽自動車本来の使いやすさや経済性を活かしながら、小さなクルマを大きく使う様々な工夫を盛り込んだ。

『ワゴンR』、『MRワゴン』に続き、幅広いユーザーのライフスタイルに対応した新しい価値観を提案するスズキ軽ワゴンタイプの第3の柱として市場投入する。

広さを感じさせるロングルーフと、高さを実現するハイルーフのスタイリングを採用したことで、大人4人がゆったりとくつろげる空間を目指した。見晴らしの良い連続するガラスエリア、リビングのように心地良いインテリア、静粛性を高める防音・防振技術などを盛り込んだ。

また、左右どちらからでも乗り降りできる後席両側スライドドアと低いステップを採用し、乗降性と日常での使い勝手の向上を図った。新開発の低床プラットフォームと後席ダイブダウンシートの採用により、大開口、大容量の荷室によって積載性を高めている。

販売目標は月販6000台。価格は111万3000 - 169万3650円。

【ジュネーブモーターショー08】マツダ デミオ 3ドアHB を世界初公開

M_104754_1

マツダは、新型『Mazda2』(日本名『デミオ』)の3ドアハッチバックをジュネーブモーターショーで世界初公開すると発表した。

Mazda2の3ドアハッチバックは、昨年発表した5ドアハッチバックの特徴を継承しながら、スポーティーな外観をもち、欧州など海外市場向けに開発した。

また、昨年の東京モーターショーで発表した次世代ロータリーエンジン搭載コンセプトカー『大気』と『Mazda5ハイドロジェンREハイブリッド』、今年の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で発表した『RX-8』マイナーチェンジモデルも欧州初公開として出品する。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »