スポンサードリンク

最近のコメント

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2007年10月10日 (水)

新社名はダイムラー

独ダイムラークライスラーは、4日(現地時間)、ベルリンで臨時株主総会を開催し、新しい社名を「ダイムラーAG」とすることに関し、株主の承認を得た。

同社は5月14日、業績不振のクライスラー部門を米投資ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントに売却した。一部の株主は社名をクライスラーとの合併以前の「ダイムラーベンツ」に戻すよう要望したが、これは実現しなかった。ただ、高級車部門は「メルセデスベンツ・カーズ」、銀行部門は「メルセデスベンツ銀行」へと改称されている。

また、同社のプレスリリースによると、主にメルセデスベンツ車を販売している会社は、社名に「メルセデスベンツ」を採用するという原則を示している。対象となる国の中には、日本も含まれている。現在の日本法人の社名は、ダイムラー・クライスラー日本である。

2007年9月12日 (水)

【フランクフルトモーターショー07】メルセデスベンツ F700 ツーリングセダン

M_99013_1 メルセデスベンツは11日、同日のメディアデイから開幕したフランクフルトモーターショーで未来の高級ツーリングセダン、『F700』を披露した。快適と環境、動力性能と燃費がそれぞれ両立させることを意図した。

最大の特徴は「DIESOTTO」(ディーゼル+オットーか)エンジン。排気量1.8リットルの4気筒エンジンで、燃料直噴とターボチャージャーを組み合わせる。燃料はガソリンだが、ディーゼルエンジンと同じように自己着火させる。過給は2段階で、自己着火は制御されている。

DIESOTTOはスパークイグニッション・エンジンの高出力と、ディーゼルのトルク、燃費とを両立させたという。現行『Sクラス』の3.5リットルV6・NAガソリン、あるいは3.0リットルV6ターボディーゼルなみのパフォーマンスを発揮するそうだ。

サスペンションには「PRE-SCAN」というアクティブサスを採用。

F700の全長は5.17m。

【フランクフルトモーターショー07】メルセデス Cクラス ワゴン追加発表

T_99032_2 メルセデスベンツはフランクフルトモーターショーで、『Cクラス』に「エステート」、日本で「ステーションワゴン」を追加発表した。メルセデスベンツは同時に、「ブルーテック」ディーゼル、「ブルーテック・ディーゼル」など、中期的な商品企画も発表した。

ないものはない!お買い物なら楽天市場



キャッシュバック付☆ハリウッドセレブ御用達
ビリーズブートキャンプ



リクルートエージェントの無料転職支援サービス

2007年9月 7日 (金)

【フランクフルトモーターショー07】メルセデスベンツ Cクラス エステート

M_98761_1 メルセデスベンツは、9月11日のプレスデーより開幕するフランクフルトモーターショー(一般公開:13-23日)において、『Cクラス』エステートを公開する。今年発売されたCクラスのエステートバージョンだ。

荷室容量は、485リットル。シートを折りたたむと最大1500リットルにまで拡大する。「EASY-PACK」を採用したテールゲートは、ボタン1つで開閉することができる。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

2007年8月 4日 (土)

メルセデスベンツ SLRマクラーレンロードスターの受注開始

M_97648_1 ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツとマクラーレンが共同開発したスーパースポーツカー、メルセデスベンツ『SLRマクラーレン』のオープンモデル「SLRマクラーレン ロードスター」の注文を2日から受け付けると発表した。

ロードスターは、F1マシンをイメージさせるフロントノーズや跳ね上げ式「スイングウイングドア」など、SLRマクラーレンならではの個性的なスタイリングを踏襲しながらルーフをセミオートマチック格納式ソフトトップとして、圧倒的な高性能なスーパースポーツカーにオープンモデルの魅力を加えた。

ルーフはクローズ状態ではクーペの流麗なルーフラインと空力性能を踏襲し、遮音性、耐候性の高いソフトトップを採用した。ウインドウスクリーン上部のロックとセンターコンソールのスイッチ操作で約10秒間で開閉が可能。

また、オープン化に伴って、ボディ剛性の確保と横転時の乗員の安全確保のため、Aピラーの補強とシート後部のセーフティロールバーを装備した。風の巻き込みを防止するドラフトストップも採用した。

エンジンはSLRマクラーレンと同様、専用に開発した最高出力626PSのスーパーチャージャー付5.5リットルV8エンジンをフロントミッドシップに搭載する。

価格は7000万円。

ルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

ダイムラーとクライスラー、分離

大西洋を挟んだ巨大自動車メーカーの合併が終わりを告げた。ダイムラークライスラーからクライスラーグループが分離・再独立した。ダイムラークライスラーとクライスラーグループが3日、発表した。

ダイムラークライスラーからニューヨークに本拠を持つ投資会社サーベラスの子会社へ、クライスラーグループの資本の移動が、同日完了した。5月の発表の通り、クライスラー・ホールディングスLLCがクライスラーグループ資本の80.1%を所有し、ダイムラークライスラーは19.9%を維持する。

売却の条件と経済的な影響は、基本的に5月の同意時点から変わっていない。ダイムラークライスラーは売却による財務への影響を8月29日に発表する予定。

またダイムラークライスラーは社名を「ダイムラー」に変更する予定。10月4日の臨時株主総会で正式決定する。

いっぽうクライスラーの「ペンタスター」がリニューアルされ、マークとして復活する。こちらは8月6日に発表される予定。

2007年7月19日 (木)

メルセデスベンツ CL65AMG 40th Anniversaryを限定発売

T_96847_2 ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのトップパフォーマンスブランド「AMG」の40周年を記念した特別仕様車、『CL65AMG 40thアニバーサリーエディション』を限定発売する。

特別限定車は、世界で40台しか販売しない希少価値の高いモデルで日本では限定3台を発売する。申し込み期限は7月27日までで、納車は12月中旬から開始する。

エクステリアは、特別塗装のAMGアルビームペイントを用いたボディカラーと、カーボンリアディフューザーが異彩をはなっている。また、インテリアでは、ライトブラウン/ダークブラウンの専用ツートンカラーインテリアデザインを採用、V12エンボス付フロントヘッドレストやAMGカーボンインテリアトリムなどを採用した。

価格は3540万円。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた

M_96701_1 ツインリンクもてぎのレーシングコースで、メルセデスベンツ『C300アバンギャルドS』を走らせてみたが、その安定感の高さには驚かされた。もてぎのバックストレートでは、最高速度が180km/hを超えるが、そこからフルブレーキングを行なってもクルマはまったくブレることなく速度を強力な減速Gに変換してくれる。

ブレーキング中にパドルシフトを操作してシフトダウンを行なうと、オーバーレブギリギリの回転域でも、巧みにシフトダウンを完了してくれるのだ。

15mmローダウンされたサスペンションの効果によって、コーナリング中の姿勢もうまく抑えられており、プレミアムセダンとは思えぬ秀逸な旋回性能を発揮してくれた。そのぶん乗り心地はハードになっているが、硬いというより引き締まっている感じなので不快な印象はなかった。

3リットルのV6エンジンは静粛性の高さも美点、サーキット走行での高負荷状態においても、室内はあたかも高速道路をクルージングしているかのような印象だ。価格は664万円と、このサイズのセダンとしては高価だが、出費以上の価値をもたらしてくれるクルマだと断言できよう。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】スポーティさを増すアクセサリー

M_96702_1 新型メルセデスベンツ『Cクラス』には意外なほど多くのアクセサリパーツが用意されている。プレミアムセダンの一翼を担うモデルだけに、ラグジュアリーテイストのものが多いかと思いきや、スポーティなエアロパーツや機能性を高めるシステムキャリアなどが豊富に用意されている。

アフターセールスマーケティング部の山本和宏さんは「新型Cクラスのアクセサリーは、電動収納式のコーナーポールやドアのサイドバイザーなどは日本法人独自で製作していますが、その他のパーツは、ダイムラークライスラーのメルセデス用品部のもとで製作されたもので、ドイツや海外でも同じパーツが販売されています」という。

フロントやサイド、リヤに装着されるリップスポイラーは、新型Cクラスのデザインを損なうことなく、さり気なくスポーティさを高めることに成功している。

スポイラー関係は、スタイリングパッケージというフロント/サイド/リヤで6点セットのパッケージを設定。価格は18万9000円。

インテリアパーツでも本革とウッドのコンビステアリングなどは、インパネの質感を大幅に高めてくれるアイテムだ。こういったパーツを日本で作ると派手さが強く出てしまうが、メルセデス直系の製作だけあって、マッチングや質感に関しては申し分ない。

本革巻ウォールナットウッドステアリングは標準装備のステアリングよりも握りを太めにして操作に配慮したつくり。11万5500円。

新型Cクラス購入の際は、純正アクセサリーでノーマルと差を付けてみるもの面白いかもしれない。

トルク&燃費upと排ガスクリーンの決定版!!

【TOLMARK UP】




中古問合せはカーセンサーnet



タイヤ激安通販 オートウェイ



ネットで車両を入力するだけで、車が売れる!【Goo-net買取オークション】

2007年7月13日 (金)

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】エントリーでも質の高い走り

新型メルセデスベンツ『Cクラス』の「C200コンプレッサー」を実際に走らせてみたフィーリングは、予想を超える高いパフォーマンスを発揮してくれた。

今回、ツインリンクもてぎのレーシングコースで取材イベントが催されたが、そのような過酷なコースでも、あらゆる場面で安心感の高い走りを発揮してくれた。動力性能面では、「C300アバンギャルドS」には適わないが、ハンドリングの面では直4エンジンで重量の軽いC200コンプレッサーのほうが軽快に動いてくれる場面もあった。

C200コンプレッサーのエレガンスとアバンギャルドは、タイヤが16インチと17インチという違いがあるので、多少アバンギャルドのほうが路面の凹凸などで硬さを感じるが、サスペンション自体の設定は共通なので乗り心地やフットワークに大きな違いはなかった。

C200コンプレッサーは、メルセデスのセダンラインナップではエントリーレンジとなるが、それを感じさせない俊敏性と快適性を兼ね備えた、質の高い走りを披露してくれた。